So-net無料ブログ作成

青春18切符の旅 水郡線の巻(その2) [鉄道(実物)]

前回に続き、水郡線の沿線風景から始めます。

「常陸太田」方面の支線が分かれる「上菅谷」(かみすがや)まで駅間距離は短かったですが、その先は長くなりローカル線らしい雰囲気満点です。
また「常陸大宮」までは平地でしたが、その先は山がちになり、久慈川に沿って走ります。 川の中には釣り人や水遊びの人が沢山入っていました。

10時47分、目的地の「常陸大子(ひたちだいご)」に到着です。
結局遅れは取り戻せませんでした。 単線だと列車交換が有るので、回復運転が難しいのでしょうか?

ここで、管理人が乗って来た最後部のキハE130は切り離され R0011817.JPG
前2両が、「郡山」へ向けて出発して行きました。


早速、ホームの端から駅に隣接する車両基地を撮影です。 R0011818.JPG R0011820.JPG
こちらは分かりづらいですが、転車台です。 R0011821.JPG
駅を出て、駅舎正面を撮りました。 R0011822.JPG
駅左手の駐車場の脇には、かつてこの線で働いたC12が展示されています。 サビも無く、保存状態は良好でした。 R0011823.JPG

車両基地の横手へ回り、撮影続行(勿論、柵外から)です。
転車台が、ここからだと良く分かりました。 R0011831.JPG
いつの間にか、5両編成が組まれています。 R0011830.JPG
想像ですが、この日(8月14日)は近くを流れる久慈川の、 R0011832.JPG
とうろう流し花火大会が開かれるので、その見物客を運ぶためかもしれません。

お土産に、鮎の塩焼きを買って帰りました。 R0011837.JPG

復路の列車は、この駅始発の3両編成です。 R0011836.JPG
向かいのホームから撮れば、もっと良い構図で撮れたと後から気が付きました[もうやだ~(悲しい顔)]
定刻12時35分発の所、6分遅れの出発でした。

帰りのトピックスは、常磐線の上りが土浦止まりの10両編成で、接続する土浦始発の上野行きが15両編成のため、グリーン車の位置がずれ、乗り換えに結構歩いた事くらいです。

因みに、土浦以北(水戸方面)は構内有効長が10両編成までのため、上野から出る15両編成は土浦止まり、または5両を切り離す様です。

最後に今回のお得度計算をします。 通常運賃6,520円の所、18切符は1日当たりが2,300円ですので、4,220円お得となりました。
グリーン料金は別途掛かりますが、18切符を使わない場合でもグリーン車に乗ると思いますので、計算から外しました。

次回は、烏山線と日光線に乗る計画です。

nice!(7)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 7

コメント 7

常武鉄道

YUTAじい さん 何時もnice! ありがとうございます。
by 常武鉄道 (2011-08-21 05:28) 

常武鉄道

ほりけん さん nice! ありがとうございました。
by 常武鉄道 (2011-08-21 10:24) 

常武鉄道

よしくんさん 何時もnice! ありがとうございます。
by 常武鉄道 (2011-08-21 16:08) 

常武鉄道

とみっちさん 何時もnice! ありがとうございます。
by 常武鉄道 (2011-08-21 16:09) 

常武鉄道

ひでほ さん またまたnice! ありがとうございました。
by 常武鉄道 (2011-08-21 20:09) 

常武鉄道

トータンさん 何時もnice! ありがとうございます。
by 常武鉄道 (2011-08-23 05:11) 

常武鉄道

suzuran6さん 過去記事にまでnice! いただきまして、
ありがとうございました。
by 常武鉄道 (2011-08-24 16:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0